中華圏の食文化・中華料理資格の取得方法

中華料理は外国料理の中でも、日本には非常に馴染み深いもので、古くから食べられている料理と言えるでしょう。日本が鎖国状態にあった頃も、交易は続いており、日本の食文化に多大な影響を及ぼしたのも中国からでした。現在の中国の体制は、第二次世界大戦後の内乱によって定まったもので、戦後日本との国交は断絶されたままになっていました。1970年代に、その国交は再び結ばれるようになりましたが、その際に様々な中華料理が再び入ってくるようになって行きました。中華料理資格の取得方法は、専門の中華料理店で実務経験を行う事になりますが、日本では独自の中華料理検定資格があり、それは厚生労働省の定める中華料理専門調理師の免許の存在です。中華料理の実務経験が8年以上の経験が必要で、さらに調理師免許を有していた期間が3年以上というのが条件となっています。調理師専門学校などの卒業資格があれば、中華料理の実務経験が6年以上で、試験資格を得る事ができます。

企業の経理サポートに

決定的な証拠をあなたのもとへ
写真や動画、調査の詳細内容を適宜ご報告

相続 税理士
実績豊富、相続問題のサポートは茂山会計事務所にお任せください

アーカイブ