健康と食品栄養学・老化のメカニズム

老化のメカニズム生き物がこの世に生命という命を受け、やがてはその生を全うして行くというメカニズムは、全ての生き物にとって避けられないものです。老化のメカニズムは、人類にとって不老不死に繋がる事例ですが、科学が発展し宇宙まで足を伸ばした人類ですが、いまだ生命の謎はいまだに解明されていません。現在は2つの定説があり、老化にいたるシステムにはプログラム説と擦り切れ説がありました。プログラム説とはDNAに刻まれたプログラムが関連すると言われ、擦り切れ説は細胞には分裂寿命ある事がわかっており、このメカニズムで老化が促進されるというものです。どちらも有力な手掛かりとなるものですが、老化に際しては必要な栄養素を補う事で、老化抑制につながるとされています。特に活性酸素は老化を促進させる作用があるとして、抗酸化作用のある食品を摂る事で、老化をある程度抑制できる事がわかっており、ポリフェノールを始め、抗酸化食品の摂取は若さを保つ上でも非常に重要と見られています。